株式会社ヴィタミンM

  • 045-719-7260
  • お問い合わせ

メールの書き方研修 

講座概要

メールはなくてはならないコミュニケーションツールですが、書いたり読んだりする時間を取られてしまうのも事実。そこで本研修では、「速く」「短く」「感じよく」メールを書く方法についてお伝えします。
基本的なメールの書き方やマナーを学んでから、メールのケアレスミスをなくすワザと時短テクニックについても紹介します。テキパキとメールをさばき、成果を上げましょう。

プログラム(10:00~16:00の場合)

1.メールでわかるあなたの実力

  1. あなたがもらって嫌なのは、どんなメールですか?
  2. あなたのメールが会社を代表する
  3. 「速く」「短く」「感じよく」メールを書こう
  4. 社内メールは手早く簡潔に書く
  5. 社外メールはミスなく丁寧に書く

2.これさえ押さえれば安心! メールの書き方

  1. 基本の構成、流れを知る
  2. 正しい敬称のつけ方
  3. タイトルにズバリ結論を入れる
  4. 尊称と卑称を間違えない
  5. 目的と結論を忘れずに書く
  6. 効果的な署名をつける
  7. 文体を使い分ける
  8. 表記のめやす

3.一度で伝わる正確な文章の書き方

  1. ワンセンテンス・ワンメッセージ
  2. 主観的でなく客観的に書く
  3. ムダな言葉は消してスッキリさせる
  4. 詳細は箇条書きにする
  5. 説得力が増す対比法
  6. モレがなくなる6W3H
  7. 今どきの話し言葉をそのまま書かない
  8. カタカナ言葉や業界用語、略語を使いすぎない

4.相手に配慮するメール術

  1. マジックフレーズを使う
  2. クッション言葉を使う
  3. お願いするときのコツ
  4. 上手に断る方法
  5. 最後の一文でよい印象を残す
  6. 気がきく人のフレーズ集

5.ミス防止と時短テクニック

  1. 添付ファイルを漏らさない
  2. 相手の社名と名前を間違えない
  3. 重要なメールを見落とさない
  4. 単語登録をする
  5. テンプレートを作る
  6. タイトルだけでやりとりする
  7. インラインで質問に答える

6.メール作成トレーニング

  1. 一往復でアポイントメントを交わす
  2. ケアレスミスのお詫びをする

受講者の方の声

社内と社外の送るメールは、目的が違うのだと気づきました。社内メールは時間をかけすぎずに短く書きます。
メールの書き方だけでなく、業務効率化のヒントをたくさんいただきました。
これまでメールのやりとりが何往復も続く理由がわかりました。一往復で終わるよう書き方を改善します。

所要時間を調整し、講演(60~90分間)、半日研修(3~4時間)なども承ります。

内容は貴社のご要望に応じてカスタマイズも可能です。