お問合せ

企業内研修

  • 特徴とコンセプト
  • 会社概要・業務内容
  • 代表あいさつ
  • プロフィール・実績

代表取締役  鈴木 真理子

元気のある会社には元気のある社員がいます。
人材育成のことでお悩みなら、ぜひご相談ください。

鈴木 真理子オフィシャルブログ

社内インストラクター養成研修

講座概要

社内研修のインストラクターを務める方、人事・教育部門の方を対象に、研修の企画・準備・実施・報告までの一連の流れを学んでいきます。


本研修の目的は2つあります。
1. 研修の企画・運営ができるようになること
2. インストラクション技術を修得すること


「研修担当者として自信をもって研修本番に臨むこと」をめざします。

進行とプログラムの特長

インストラクションはビデオ撮影し、講師からお一人ずつにフィードバックいたします。
受講者を飽きさせない方法など、プロ講師ならではのテクニックもご紹介します。

プログラム (2日間)
第1日目
 
1.第一印象の確認
 1)「自己紹介、私の失敗談など」を3分間で話しましょう
 2)VTR撮影と上映、相互フィードバック  ~私の第一印象を客観視しよう~
 
2.インストラクターの役割と心構え
 1)「私達のめざすインストラクター像とは」  <グループ討議>
 2)社内インストラクターの役割と心構え
 3)CSとES(従業員満足)の関係性
 4)インストラクターへの期待値は大きい!
 
3.研修の実際を知る
 1)研修の企画、準備、実施、報告までの流れ
 2)会場選びのヒント
 3)当日までのスケジュール
  4)企画の仕方、よい社内講師の選び方
 
4.インストラクション基本スキル
 1)人をひきつける場作り、話し方
 2)いろいろな質問の仕方、答え方とテクニック
 3)コメントの仕方              
 4)パワーポイントや補助資料の効果的な用い方
 5)ホワイトボードの書き方、指示棒の使い方
 6)即興インストラクション練習  <グループ演習>
 
5.企画立案の方法
 1)段取り8分の法則とは
 2)レッスンプランの役割を知る
 3)明日に向けてレッスンプランを作成する
 4)テーマ発表 (テーマは実際の研修に即した内容とする) 
 
第2日目
 
6.インストラクションの実施 
 1)レッスンプランの見直しをする
 2)作成したプランを見せ合い、気づきを促進!
 3)実習  1人10分間のインストラクション  <VTR撮影 ⇒ 上映>
 4)相互フィードバック    ~私の強みと弱みを知る~
 5)講師よりアドバイス
 
7.参加者を巻き込む指導法            
 1)体験型学習の重要性
 2)いろいろなアイスブレイク法を体験しよう
 3)グループ討議の進め方
 4)事例研究の作り方と進め方
 5)教育ゲームの使い方・進め方 
 
8.ワンランク上のインストラクターをめざして
 1)研修での学びと気づき
 2)今後のアクションプラン 
 3)人に教えることは、自己成長への絶好のチャンス

受講者の方の声
  • 広報担当として、いつも不安を抱えながらやっているので、講師の言った段取り8割、本番2割でこれからも練習を重ねてがんばりたいと思います。
  • 自分のインストラクションをVTRで確認したり、参加者の皆さんとディスカッションすることで理解も十分できて楽しかった。誰でも参加しやすい内容でした。
  • メリハリがよく、あっという間に時間が過ぎてしまいました。