お問合せ

公開セミナー

  1. HOME
  2. 公開セミナー
  3. 「書くこと」をテーマにしたい!
  4. 論理的なビジネス文書やメールが書けるようにしたい
  5. ロジカルライティング ~論理的思考、ビジネス文書とeメール作成編~
  • 特徴とコンセプト
  • 会社概要・業務内容
  • 代表あいさつ
  • プロフィール・実績

代表取締役  鈴木 真理子

元気のある会社には元気のある社員がいます。
人材育成のことでお悩みなら、ぜひご相談ください。

鈴木 真理子オフィシャルブログ

ロジカルライティング ~論理的思考、ビジネス文書とeメール作成編~

講座概要

業績とCSを高め、業務効率化も叶える「論理的な書き方」を学びます。

書く技術だけでなく、論理的な思考法の基礎も習得できるので、仕事全般に応用することができるでしょう。
いきなり書かず頭の中を整理整頓し、構造化するステップを 体験すれば、論理的な文書の書き方を身につけることができます。

わかりやすく説得力のある文書は、ビジネスを円滑に進める武器となります。
演習や討議を交えながら楽しく進行しますので、書くことに苦手意識がある方も安心してご参加ください。きっと お悩みを解決するヒントを持ち帰ることができるでしょう。

■進行とプログラムの特長

講義の他、個人演習やグループ演習を多く取り入れ、5Sの理解を深めます。
事例研究では「5Sを知らない、ある職場」を例にして気づきを促進し、実際の改善に役立てます。

■プログラム(3時間~1日)
  1. 大切な仕事に集中できる時間と環境をつくろう
  2. かんたん5Sを実践しよう
  3. 事例研究「5Sを知らない、ある職場」
  4. テキパキと仕事がはかどるファイリング術
  5. パソコンは片づけの盲点!メタボになっていませんか?
  6. さぁ 力を合わせて5S活動を始めよう <グループ討議>
受講者の方の声
  • 5S運動のポイント、進め方について学べました。大きな目標を立てて進むより小さなことをコツコツ継続することが大切であることがわかりました。
  • 自分のデスクまわりの書類整理・整頓はすぐにでも役立ちます。5Sについては総務部として会社全体で取り組みたいです。
進行とプログラムの特長

講義の他、多くの演習を用意しています。
たとえば、付箋を使ったワークで論理的思考法を学んだり、上司に扮して部下の報告書にダメ出しをしたり、
案内文書を作る前に企画会議を開くなど、実践形式で進行します。

なお、本セミナーはパソコンを使用せずに開催できます。

プログラム(3時間~1日)
1.論理的な考え方を身につけよう
 1) 直感や経験に頼って仕事をしていませんか?
 2) わかりにくい文書では相手を説得できない!
 3) 読み手の満足が最優先
 4) ロジカル・ライティングで業績と効率を上げる
 5) かんたんに身につくロジカル・シンキング
  ①全体像を把握する   ②ミッシー  ③ロジックツリー  ④対比法
 
2.ロジカル・ライティングを始めよう
 1)書く前に目的を考える
 2)自分目線から相手目線にシフトする
 3)ピラミッド型の設計図を作る
 4)ビジネス文書の書式をマスターする 
 5)上司に提出する前に自分でチェックする
 
3.ロジカル・ライティングの技術を磨こう
 1)よくある残念なタイトルとは
 2)一文一義で明確に書く
 3)主語と述語の“ねじれ”に要注意
 4)あいまいで文学的な表現は数値化する
 5)ワンランク上の箇条書き
 6)徹底マスター 句読点のポイント
 
4.ロジカル・ライティングの演習に挑戦しよう   <グループ演習>
 1)【事例研究】ある社員の報告書
 2)上司役になって、問題点を洗い出そう
 3)設計図づくりは、ここがポイント
 
5.ビジネス文書の書式とマナーをおさえよう
 1)社内文書と社外文書の違い
 2)社内文書の基本と応用    ①通知書   ②稟議書   ③議事録
 3)社外文書の書き方と心得
  ①いろいろなあいさつ文    
  ②頭語と結語の組み合わせ
  ③知っておきたい慣用句   
  ④ワードを使って1秒でも速く書く裏技
 
6.お客様満足度と業績を上げる社外文書を作成しよう
  1)お客様が足を運びたくなる「案内文書」とは
  2)ゴールは集客と受注をすること
  3)メンバーと企画会議をしながら文書を作成!   <グループ演習>
受講者の方の声
  • 文書を書くときに、いきなり書き始めず、まずは考えることが大事だと学びました。
  • 相手に失礼のないよう わかりやすい文書を心がけます。eメールについてもすぐに使える小ワザをたくさん教えてもらい、大変参考になりました。
  • 文書を書くコツがとてもわかりやすかったです。さっそく上司に研修報告書を提出したくなりました。